BLOG & INFORMATION

6・9ミニライブの曲目 7・ファンダンゴ

 Fandangos de Huelva Fandangoを辞書で引くと「大騒ぎ」とか「スペインの民謡」とか出てますが、ここでは民謡のほうのファンダンゴ。ファンダンゴ自体種類が多く、このファンダンゴ・デ・ウエルバの他にもファンダンゴ・デ・グラナダとかファンダンゴ・デ・ルセーナとか他にも色々あるみたいですが、フラメンコでよく踊られるのはこのファンダンゴ・デ・ウエルバ。軽快なリズムでパリージョ(カスタネット)を使ったり使わなかったりして楽しく踊ります。後出のセビジャーナスと似た形式、3拍子で4つのパートに分かれていますがファンダンゴの方がよりフラメンコ的です。

DSC_0413-2

 千代ちゃんが絵文字を駆使してお便りをくれました。(1日おきくらいに稽古に通ってきてくれてますが。)「載せられる言葉が見付からないですが~😃💦  6?歳😃💦とにかくガンバルンバ👊✨ですかね~😃💦」高柳千代子、ファンダンゴでセンターを務めます。

 

※6・9ミニライブのチケットは完売しました。皆様ありがとうございました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ベニータアントニオ フラメンコスタジオ
東京都調布市仙川町2-18-21 グレース仙川401
03-5384-5679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6・9ミニライブの曲目 6・アレグリアス(2)

 Alegrías de Cádiz アレグリアスを生んだカディスは他にもタンギージョや後出のティエント発祥の地とも言われています。

 ベニータのスペインでの師匠ルペとルイ(Rupe y Luis セビージャの名門タブラオ「パティオ・セビジャーノ」で長年に渡り看板スターを務め、セビージャでブイブイゆわせてたダンサー)の話によるとカディスは歌い手の名産地、グラナダはギタリストの名産地だそうで「では踊り手は」とつい訊くと「今さら何を言う、踊り手はセビージャに決まっとろうが。」と言われちゃいました。ベニータとアントニオがセビージャに踊りを習いに行ってた時のお話しです。 うかつな質問でしたね。

benita

今回のライブはスタジオ開設20周年記念でもあり、ベニータの舞踊生活50数周年記念でもあります。半端だけど。女の子達のソロ5曲はすべてベニータの振付。歌い手の那須慶一君、ギタリストの犀川大輔君との最初の打ち合わせの時はまだみんなにしっかりと振りが入っていなかったので伴舞も含め全部一人で踊りきって若さをアピールしました。もちろんソロとパレハ(デュエット)と群舞もしっかりと踊ったうえでのことですぜ。

 

※6・9ミニライブのチケットは完売しました。皆様ありがとうございました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ベニータアントニオ フラメンコスタジオ
東京都調布市仙川町2-18-21 グレース仙川401
03-5384-5679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

随時発信中!調布のベニータアントニオがお届けするスタッフブログ

調布にございますベニータアントニオフラメンコスタジオでは、スタッフブログにて様々な情報を発信しております。レッスン受講生の方はもちろん、これから習いたいとご検討中の方やご興味をお持ちの方、本格的フラメンコを見てみたいという方にも役立つ情報が満載です。
フラメンコ教室の模様はもちろん、講師やレッスン生が出演するショーやコンテストのご案内も致しております。ショーの模様は一部を動画でもご紹介しておりますので、ご興味ある方は是非ご覧ください。
調布や仙川など地元の季節のお便りや、レッスン生と一緒に楽しんだお花見の様子など、日常のエピソードも配信しております。楽しそうな教室だなと感じていただけましたら、ぜひ一度、体験レッスンにお越しください。

PAGE TOP