講師ご紹介

講師 ベニータ・ケイ【植木惠子のフラメンコ教室】

 

ベニータ・ケイ

ベニータ・ケイ

幼い頃よりの舞踊への想い

高校在学中、第一期常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)のテストを受け合格。即高校を中退して入所。フラダンス、タヒチアン、そしてフラメンコを習得し初代フラガール三人のソリストの中の一人としてデビュー。

ベニータ・ケイ2

4年間トップダンサーを務め、後、渡西

パコ・フェルナンデス、ベティー、トマース・デ・マドリード、タティー、マノーロ・レオン等に師事。 帰国後、1978年には文化庁の主催する文化使節団の一員として3ヶ月間のソビエト公演に参加。ソロダンサーとして大好評を博す。また、国内では各地のホ テル、劇場でスペイン人アーティストとの共演をメインに活躍。1989年には「ベニータと8人のスペインの仲間」と題したディナー ショーで全国を巡る。数回に亘る渡西のかたわら、タブラオ「新宿ギターラ」に振付師兼アトラクションスターとして3年間出演。

ベニータ・ケイ3

調布スタジオの開設

その後1990年、調布にス タジオを開き、此処を拠点に名古屋、福島で後進の指導にあたるとともに自身もクラシコ・エスパニョールにもレパートリーを拡げ、舞台、テレビ等の振付、演出にも力を発揮している。

ベニータ・ケイ4

新たなスタート

1997年、アントニオを迎え“ベニータ アントニオ フラメンコスタジオ”として新たにスタジオを開設。以後、随時リサイタル、あるいは発表会を催し多くのファンの支持を得ている。

講師 アントニオ【中川竹明のフラメンコ教室】

 

アントニオ

アントニオ

フラメンコとの出会い

劇団新派の俳優であった父、映画監督の伯父、宝塚歌劇団出身の叔母の血筋を引く本人は画家を志し、修行中スペインでフラメンコに出会う。

アントニオ2

スペインからの帰国後

帰国後、小松原庸子スペイン舞踊研究所入所。幾つかの公演に参加し、後に岡田昌巳氏に師事。フラメンコ、クラシコ・エスパニョールを基礎から習い同スペイン舞踊団の一員として数回の舞台に立つ。独立後、日本やスペインでマノレーテ、トマース・デ・マドリード、アントニオ・カナーレス、イスラエル・ガルバン等に師事。

アントニオ3

全国で活躍するソロダンサー

1986年よりタブラオ「新宿ギターラ」に男性ソロダンサーとして約2年間在籍。数少ない、実力ある男性舞踊趣として北は札幌から南は沖縄まで全国の舞踊団公演にゲスト出演。映画、テレビの仕事の他「カルメン」「椿姫」等のオペラ公演にもソロダンサーとして客演している。

アントニオ4

スタジオ主催公演を開催

1997年よりベニータと共に“ベニータ アントニオ フラメンコスタジオ”を調布・仙川に設立。スタジオ主催公演として草月ホール、エル・フラメンコ等でリサイタル、発表会を開く他、デュエットで、また各々ソロで全国のタブラオ、ホテル、劇場等で活躍中。

調布で習えるベニータアントニオフラメンコスタジオのプロ講師

調布市仙川のベニータアントニオフラメンコスタジオで、若者からシニアまで幅広い年代の方にレッスンを指導するのは、いずれも本場スペインで修行を積み、プロのダンサーとしても活躍する、華麗な経歴を持つプロ講師です。
当フラメンコ教室は、初心者からご入会いただけます。プロのダンサーを目指す方や、初心者から始めて本格的にフラメンコをマスターしたい方はもちろん、楽しみや健康づくりのために習いたい方にも、プロ講師が目的に合わせて丁寧に指導いたします。
調布のベニータアントニオフラメンコスタジオには入門クラスをはじめ、コンテストやイベント参加を目指す方のためのクラス、生きがいや健康目的で楽しめるシニアクラスもございますので、是非、最高のレッスンを受けに来てください。

PAGE TOP