BLOG & INFORMATION

紅餡フラメンコスタジオの看板替え

 スタジオの2代目の看板がボロボロになっちゃてホームページのアドレスも過去の物になっちゃったので書き換えようと思ったのが何年前でしょうか、買い求めた板に地塗りをしたのが2~3年前。多忙を言い訳に自分自身を甘やかしていたのですが「看板作んなきゃ」と心を入れ替え制作に踏み切りました。草案はこれ。

IMG_1366

 これが旧看板。お疲れ様でした。

IMG_1369

 60×90位の板に合うようなレイアウトをなんとなく考えてPC画面に出したものの家庭用のプリンターではマキシモA4サイズの印刷しか出来ないので文字を小分けにして板上に並べ、見てみると画面が淋しい。文字を大きくするとはみだす。コンピューターはスタジオ、プリンターはお家にあるので(貧困家庭ゆえの対応)、スタジオで文字を入力してケータイに送り、家で印刷して翌日スタジオで板上に並べて答え合わせの工程を繰り返しこんなとこにしました。

IMG_E1348

 ベタ黒印刷だとインクがもったいないのでライトグレー印刷。裏にチョークを塗って上からなぞる(カーボン紙が最適なんだけど買うと10枚位くるので余ると可哀そう)

チョークの跡がついたところをカッターでなぞると文字の部門を剥がせます。

IMG_1350 IMG_1351 IMG_1353

 あとは絵の具を塗って(わしらの場合はアクリル絵の具)乾いてから剝がすとみんな取れちゃうから濡れてるうちに。

はい。出来上がりー。

IMG_1356 IMG_1365 IMG_1368

 踊りとは関係ないといえば関係ないけど、物を作るという工程は一緒ですよね。振付をする(振りを作る)、もらった振りあるいは作った振りを理解あるいは工夫して自身のものにする。それを人前で披露できるまでに高めるという作業。はじめの発想には無かった大胆なアピール、そして謙虚な姿勢。皆さん「振り」をいただいたら何度も何度も繰り返して踊ってくださいね。しっかりと自分をチェックしながら。段取りを覚えてそれを漫然と繰り返す。では踊りにはなりません。

昨日、表に取り付けました。来てね。

IMG_1372 IMG_1371

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ベニータアントニオ フラメンコスタジオ
東京都調布市仙川町2-18-21 グレース仙川401
03-5384-5679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いわき でのお稽古

 毎月第三日曜日は いわきで お稽古。タンギージョ~ソロンゴをやってます。一応振付というか段取りうつしは完了、あとは「踊り」にしていってフォーメーションをつけていきます。。

IMG_1068 IMG_1069 IMG_1070

 上3枚・サパテアードでの前進、3D映像。

IMG_1078 IMG_1082 IMG_1084

 

 上3枚・ベニータ先生と一緒にお稽古をする いわき のおともだち。

 

 調布・仙川の「ベニータ アントニオ フラメンコスタジオ」でもクラスは毎日やっているのですが、日常的なことなのでついつい「月に一度のイベント」的な いわき のレッスンを記事にしちゃいます

 仙川のクラスは6月9日(土)に「ベニータ アントニオ フラメンコスタジオ開設20周年記念ミニライブ」と題した発表会的出し物をやります。先日、カンタオールの那須慶一君とギタリスト(トカオール)の犀川大輔君にお願いして振付の確認と合わせをしましたよ。7曲分の収録をさせて頂き、ベニータ先生は全曲踊りっぱなし、アントニオはパルマ打ちっぱなし(ほぼアテンポで強めに)。絶好の撮影機会だったのにダンサー作業と小間使い作業に熱中するあまりまた写真撮るの忘れちゃった

 だけど音源はできたよ。カセットで持って行くから福島県のみんな楽しみに、佐野ちゃんダビングの用意よろしこ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ベニータアントニオ フラメンコスタジオ
東京都調布市仙川町2-18-21 グレース仙川401
03-5384-5679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

随時発信中!調布のベニータアントニオがお届けするスタッフブログ

調布にございますベニータアントニオフラメンコスタジオでは、スタッフブログにて様々な情報を発信しております。レッスン受講生の方はもちろん、これから習いたいとご検討中の方やご興味をお持ちの方、本格的フラメンコを見てみたいという方にも役立つ情報が満載です。
フラメンコ教室の模様はもちろん、講師やレッスン生が出演するショーやコンテストのご案内も致しております。ショーの模様は一部を動画でもご紹介しておりますので、ご興味ある方は是非ご覧ください。
調布や仙川など地元の季節のお便りや、レッスン生と一緒に楽しんだお花見の様子など、日常のエピソードも配信しております。楽しそうな教室だなと感じていただけましたら、ぜひ一度、体験レッスンにお越しください。

PAGE TOP