BLOG & INFORMATION

けいちゃんのフラガール日記・10「当時の新聞・その3」

 ※高校を中退してフラガール一期生になったけいちゃんが無茶をしながらも常磐ハワイアンセンターNO1になったぞ。 

フラ新聞2・1

 

 50年前の新聞その3です。読みにくいかもしれないので今回も記事をまんま下に記します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女性登場

フラメンコが好き

 歌う踊り子「惠ちゃん」

いわき市常磐藤原町の常磐ハワイアンセンター専属常磐音楽舞踊学院の踊り子
斎藤 惠子さん(二〇)
惠子さんは福島市入江町出身で、同センターのオープン(四十一年一月十五日)前の四十年四月一日に常磐音楽舞踊学院の第一期生として二十人の踊り子と一緒に入学した。
彼女は福女を二年で中退、あこがれの踊り子を夢見ながら、上浅貝の同学院の寮生活にはいった。
生まれながらの美ぼうと大柄なからだは、仲間から”惠ちゃん、惠ちゃん”と大もて。また踊りも一、二を競うほどの上達ぶりだったが、ついに同学院のナンバーワンになり、いまではセンターを訪れるお客さんに非常な人気がある。
彼女はまた、大ホールで「湖畔の宿」「赤いグラス」「誰よりも君を愛す」「さよならはダンスのあとに」などを歌いまくる美声の持ち主でもある。
踊り子といっても、だれでもがじょうずに踊れるものではない。一人前に、なるまでは並み大ていの努力が必要である。
彼女の毎日は午前七時四十五分に起床、同九時三十分からレッスン、十一時に昼食を終えると同学院からハワイアンセンターまでの3キロ半を専用バスで毎日通勤、午後零時半からビーチと大ホールの舞台でフラメンコ、タヒチ、フラダンスを踊りまくる。その間に得意ののどを披露する。
彼女は「フラメンコ踊りは一番すきですが、精神的につかれます。またタヒチ踊りは肉体的につかれます。」といってほほえんだ。
毎月一回は福島市の実家に帰るのが、何よりの楽しみのようだ。
月給手取り二万八千円というから女性では高級サラリーマンである。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ベニータアントニオ フラメンコスタジオ
東京都調布市仙川町2-18-21 グレース仙川401
03-5384-5679
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PAGE TOP